episode-image

海外での第2の人生は、博物館のボランティア職員

2015年8月31日
episode-murayama-noriyuki-1

定年退職・早期退職を迎えて海外に移住する夫婦が増えている。退職後の第2の人生を、健康なうちに夫婦そろって海外で楽しむという過ごし方が注目を集めているのだ。マレーシアの首都クアラルンプールに移住を果たした村山教行氏に、マレーシアでの第2の人生について聞いた。

episode-murayama-noriyuki-2

退職後の人生をマレーシアの首都クアラルンプールで過ごす村山氏

私はMM2Hという制度を利用して、マレーシアの首都クアラルンプールに住んでおります。MM2Hとはマレーシア・マイセカンドホームの略称で、マレーシア政府が外国人を招致するために実施している長期滞在ビザ取得プログラムのことです。マレーシアに定期預金口座を設ける等の条件をクリアすると、10年間の滞在が認められるという制度です。

日本で勤めていた会社を早期退職した私は、この制度を利用し2年前から妻と愛犬と一緒にマレーシア・クアラルンプールで生活しています。住まいはコンドミニアムと呼ばれる集合住宅。入居者300世帯のうち約60%が日本人という環境で、ご近所の皆様と仲良く楽しく海外生活を送っています。

episode-murayama-noriyuki-3

実家に残した親との時間を過ごすために、53歳で早期退職することに

私は大学を卒業してから約30年の間、日本の損害保険会社に勤務していました。入社以来一貫して営業に携わり部門長を務めさせていただくまでになりました。ちょうど私が部門長を務めていた頃に、会社が早期退職者制度をスタートさせました。定年を迎える前に退職を希望する者を募集し、希望者に対して退職金を優遇するという制度です。そこで私は希望者として手を挙げ、定年を前にして会社を退職することにしたのです。

私が早期退職を決めた理由は、実家の母との時間を過ごすためでした。私と妻は九州出身なのですが、仕事の為に地元を離れて私は博多・家族は子供の学校の関係で千葉と二重の生活となっていました。ところが、実家で独り暮らしをしていた母が高齢になり、介護が必要となってきたのです。ちょうどそんなタイミングで早期退職者制度がスタートしたので、私は早期退職を希望し地元に帰って母と一緒に過ごす時間を取ることにしたのです。

ただ、会社としては部門長が早期退職を希望するという事態は想定していなかったようです。担当役員からは、私のような者の為の制度ではないとお叱りを受けてしまいました。最終的には九州に残してきた母の介護ということで理解をいただき、私は53歳にして会社を離れることにしたのです。

地元に戻った私は、タクシー会社や運送会社で自動車事故の保険処理に関わる仕事をしながら母の介護にあたりました。自動車保険の仕事をしていたおかげで、幸運にも地元で保険知識を活かした仕事に就くことができたのです。そして母と最後の時を過ごし見送りを無事に済ませた私は、これからの第2の人生を海外で過ごす夢を膨らませました。

episode-murayama-noriyuki-4

海外移住先として選んだのは、マレーシアの首都クアラルンプール

私は会社勤めをしていた頃から、特に海外に関心を持っていたわけではありませんでした。会社には海外駐在員制度がありましたが、私は駐在員を希望することもなくずっと日本で働いていました。マレーシアに来る前の私は、海外駐在経験もなければ英語も得意でないという状態だったのです。そんな状態から海外移住を考えるようになった動機は、自分の老後をイメージするようになったことでした。

「定年退職を迎え年金が支給される65歳になった時に、自分は何をしているのだろうか」そう考えた時に、自分の老後がイメージできなかったのです。趣味の世界に生きるのも良いなとは思ったのですが、当時の私の趣味はバイクでした。「バイクでのんびり日本1周旅行でもしてみるか」とも思ったのですが、その計画は「危ない」の一言で妻に却下されてしまいました。それでは他に何かやりたいことがあるかと考えると、何も思い浮かばない。夢を思い描けない自分がいることに気付いたのです。

そうしたことを考えるうちに、私は一度海外に出てみるのも良いかなと思うようになりました。海外に出てみて、そこから自分を見つめ直してみようと思ったのです。もともと私は、一か所にじっとしているのが好きではありませんでした。色んな所に行って、様々なことを経験してみたいという性格だったのです。

こうした経緯で海外に出てみたいと思うようになった私は、さっそく海外移住に向けて準備をはじめました。当時の私はまだ会社勤めをしていたのですが、休みを利用しては移住先の候補国を旅して周りました。イタリア・スペイン・台湾・ベトナム・マレーシア。実際に現地を訪れた上で、長期滞在に適した国はどこなのかを調べました。ビザの条件はどうなっているのか、治安は問題ないのか、年金の範囲内で生活できるのか。調べた様々な条件を考慮し、最終的に私は移住先としてマレーシアの首都クアラルンプールを選択しました。